【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

宅地造成工事規制区域内において,切土であって,当該切土をする土地の面積が400㎡で,かつ,高さ1mの崖を生ずることとなるものに関する工事を行う場合には,都市計画法第29条第1項又は第2項の許可を受けて行われる当該許可の内容に適合した工事を除き,知事の許可を受けなければならない。

誤り

宅地造成工事規制区域内で,「宅地造成工事」を行おうとする造成主は,知事の許可を受ける必要がある。そして宅地造成工事と言えるには,「宅地の造成」の他に「政令で定める工事」に該当することが必要だ。本肢のように造成面積が「500㎡以下」のときで,「切土」を行う場合は,「がけの高さが2mを超え」なければ,政令で定める工事に該当しない。したがって,宅地造成工事に該当しないから,知事の許可を受ける必要はない。なお,都市計画法による開発許可を受けて(都市計画法第29条第1項又は第2項の許可を受けて),その許可内容に適合した宅地造成工事は,宅地造成工事の許可が不要になるので,結論に差はない。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒宅地造成工事の許可制

このエントリーをはてなブックマークに追加