【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

用途が共同住宅である3階建て,延べ面積600㎡,高さ10mの建築物の工事を行う場合に,2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工事を終えたときは,中間検査を受ける必要がある。

正しい

建築主は,建築確認を受けた工事が特定工程を含む場合に,その特定工程に関する工事を終えたときは,その都度,建築主事に中間検査を申請しなければならない。上の「特定工程」には,「階数が3以上である共同住宅の床及びはりに鉄筋を配置する工事の工程のうち政令で定める工程」などがあるが,本肢の工事はこれに当たる。したがって,中間検査を受ける必要がある。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒建築確認

このエントリーをはてなブックマークに追加