【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

都市計画区域内で中古住宅を建て替える場合,前面道路が幅員4m未満の道で,特定行政庁が指定したものであるときは,原則として道路の中心線から水平距離2mの線が道路と敷地の境界線とみなされて,建築基準法の規定が適用される。

正しい

「幅員4m未満の道でも特定行政庁が指定したもの」は,道路だ。そして,4m未満の道路に沿って建築する場合は,いわゆるセット・バック義務(中心線から水平距離2mの線が道路と敷地の境界線となる)がある。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒道路関係の規制

このエントリーをはてなブックマークに追加