【宅建試験】迷物講師のブログサイト

宅建の迷物講師が、独学用のコンテンツを無料で発信します。

TEL.047-448-8846

〒273-0852 千葉県船橋市金杉台-2-2-7-503   宅建倶楽部

都市計画区域は、市又は人口、就業者数その他の要件に該当する町村の中心の市街地を含み、かつ、自然的及び社会的条件並びに人口、土地利用、交通量その他の現況及び推移を勘案して、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域を当該市町村の区域の区域内に限り指定するものとされている。

誤り

都市計画区域は、ひと言で表現すれば「一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域」だ。具体的には、本肢に書いてあるようになる。ところで都市計画区域は、「当該市町村の区域の区域内に限り指定する」のではない。その点で、本肢は誤りとなってしまう。A市とB市にまたがって、一つの都市計画区域が指定されることもあるということだ。快適な街づくりをすべき場所と市町村の行政区画が一致するとは限らないからだ。


◆ この問題を理解するためのテキストへのリンク⇒都市計画区域

このエントリーをはてなブックマークに追加